ドメイン 正社員採用は我慢して続けるべきなの?
HOME > 正社員採用は我慢して続けるべきなの?

正社員採用は我慢して続けるべきなの?

年齢もまだ10代、20代なら正社員採用でも辞める方が非常に多いですが、30代、40代になると辞めても次の採用が厳しいので正社員採用された場合は我慢してでも続けている人が多く見られます。

 

実際30代にもなると妻もいて子供もいるケースが多いので、家族を養うとなると正社員として採用されているポジションを失うのが怖い方が多いようです。

でも嫌いで辞めたいと毎日思っているような仕事でも正社員として採用されているなら我慢して続けるべきなのでしょうか?

 

これは年齢や独り身なのか?妻帯者なのか?など、その人の置かれている環境によっても違いますが、 基本的には正社員採用だからと言って無理してまで続ける必要はありません。

10代や20代なら嫌だからすぐに辞めるということを繰り返さなければ、どんどん失敗して経験を積んでいけばいいと思いますが、既婚者の男性で、家族を養っていく必要がある方の場合は考えて行動することが必要です。

スポンサーリンク

「仕事が嫌だから今日付けで退職してきました、明日からは無職です」では家庭は崩壊してしまいますので、辞めるにしても次の職場を見つけてから辞めることが重要になります。

 

そして中高年と呼ばれる40代、50代の正社員採用の場合はどうするのがいいのか?

やはり高齢になればなるほど、仕事探しには苦労させられます。

 

実際に就職活動されている方の話を聞くと、40歳を境に求人が圧倒的に減ったという話を聞くことも多いです。

ですから40代、50代の方が辞める場合は今の仕事やポジションを失うことの方がリスクが高いことが多いのです。

 

医師、看護師、介護福祉士、保育士などの専門職やその仕事で豊富な知識や経験、管理職の経験がある場合は40代、50代でも転職は可能ですが、少しばかり経験があるくらいでは転職活動は厳しいものがあります。

 

給料や仕事だけ見れば、正社員の方が派遣やパートなんかよりはよっぽど安定していますので、転職するにも会社を辞める前に転職活動を行い次の職場を決めてからということが絶対条件になりますね。

 

年齢や立場によっても異なりますが、基本的には次の職場を探してからという保険をかけて行動しましょう。

スポンサーリンク