ドメイン ブラック企業を事前に見抜く方法
HOME > ブラック企業を事前に見抜く方法

ブラック企業を事前に見抜く方法

安定した仕事に就きたいというのは誰もが思うことです。

そのためにもブラック企業に入ってしまうことだけは絶対に避けたいですね。

 

ブラック企業ということを事前に見抜く方法があったらどんなに転職活動の参考になるのか。

次の転職で必ず失敗しないためにもブラック企業を見抜き、見分けるポイントについてまとめました。

 

ブラック企業の主な特徴として

 

● 採用人数が多い

● 面接時にその場で採用される

● 管理体制がずさん

● 給料が遅れる

● 会社のホームページがない、もしくは簡素

● なかなか保険に加入させてくれない

● 長く勤めている社員がいない

 

ということが挙げられます。
スポンサーリンク


これらを事前に知る方法としては

 

1. 会社に勤務していた人に直接内部事情を聞く

2. 会社の口コミをネットで探す

3. 転職サイトのコンサルタントに聞く

 

基本的にはこの3つの方法しかなく、働いていた人に直接聞くというのは、実際に働いていた知り合いがいない限り難しく、現実的ではありませんが、ネットで企業の口コミを探すことや転職コンサルタントに聞く方法というのは難しいものではありません。

 

面接時に直観的に分かるようなこともありますが、効率的に転職活動を行う上でも希望している企業の口コミや転職サイトに登録してコンサルタントにどのような企業かを聞いて確認しておくことは重要です。

 

もしもブラック企業に入ってしまった場合

もしもあなたがブラック企業に入ってしまった場合はすぐに転職されることをおすすめします。

社長のワンマン経営の場合や上司が怖くて言い出しにくいということもあるでしょうが、勇気を出して退職されることをおすすめします。

 

ブラック企業で経験を積むと磨かれるということはあるのですが、長期的な視線で見ると、やはり定年まで働ける環境ではないと思います。

それに倒産するリスクもあるので早めに転職活動をされた方がいいでしょう。

 

確かに家族がいるから簡単に転職を決められないという方や中高年で転職できるか不安なので辞めづらいということも理解はできますが、ずっと続ける可能性の低い会社に留まる必要性はあまりないと思います。

 

捨て駒のように扱われる会社は早めに退職されることです。

わたしは社員を大切に出来ない会社に未来はないと思っています。

 

そして転職することを決めたなら転職活動は必ず在職中に行うようにしてください。

辞めてから就職活動を行う方もいますが、それだと転職が思うように決まらなかった場合に、とても苦労することになります。

ブラック企業でもとりあえず収入を切らさないで次の職場を探したほうが賢明と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク