ドメイン 仕事ついていけないと思ったら見るサイト

仕事ついていけないと思ったらどうするのがいいのか

096026

仕事ついていけないと思ってる方へ

● 上手に仕事がこなせない

● 今の職種が未経験

● 専門知識など覚えることが多い

● どう対応したらいいのか分からない

● 今の仕事が向いてないし、ついていけないと思ってる

 

今の仕事についていけないと思う理由はそれぞれ色々ありますが、特に仕事を始めてから1年以内の悩みが多いようです。

自分が仕事をしっかりできないことについて先輩や上司に毎日叱られていたら、「わたしはこの仕事は向いていないのかな」と自信を無くしてしまうこともあるんじゃないでしょうか?

当サイトでは仕事についていけないと思った時にどのように改善、対処していくのがいいのか?このまま仕事を続ける方がいいのか?それとも転職して自分に合う仕事を探した方がいいのか?ということについて紹介しています。

今の苦しい状況を抜け出すためにも参考にしていただけたら嬉しく思います。

 

 

このまま仕事を続ける?それとも1度リセットして転職する?

今の仕事についていけないと感じた時にできる改善策や対処法としては

 

1. 仕事を続けていく上での技術や知識をしっかり学び、努力して仕事が出来るようにする

2. 自分にはこの仕事は向いていないなと思うならいっその事、楽しく仕事が出来るように違う職種に転職する

 

という2つの方法があります。

 

ですが仕事を始めて1週間も経たずに転職を決めるというのは少し早いかなと思います。

いくらその仕事が難しい、覚える量が多い、早すぎてついていけないとは言っても何度も繰り返しその仕事について学び、努力していたらいい結果が出てくることも沢山ありますし、「あの時きつくても仕事を辞めなくて続けておいて良かった」という人も続けた人の中にはけっこういます。

ですが、仕事を始めて3ヶ月~6ヶ月ほど経っても仕事についていけない、仕事や職場が合っていない、努力しても改善できていないというなら転職を考えるべきでしょう。

 

よく求人票の欄に「試用期間」って書いてあるのを見たことがあると思いますが、試用期間は職種や会社によって違いはありますが、基本的に1ヵ月、3ヶ月、6ヶ月の試用期間を設けている企業が多いように、その期間が設定されているというのは、そのくらいは働かないと仕事が覚えることができなかったり、適正かどうかも分からないということから、ある意味お試しで働く期間という意味で設けられています。

 

自分に合ってないと思う例として、例えば営業職の場合ですが、人と話すことが苦手な人が営業職に就いていても結果がついてこないでしょうし、仕事をミスすることでのお客様からのクレーム、上司から怒られる、厳しい指導などストレスが溜まるだけになってしまいます。

何で喋るのが苦手なのに営業やってるの?と思われる方もいると思いますが、実際そのような方はとても多いです。

特に営業職は成果によってお給料も変わってきますので、仕事ついていけないと思うなら自分が稼ぎやすいステージに変えることも必要です。

働く職場を変えることで、今のあなたがもし仕事ついていけないと感じていても、あなたが活躍できるステージに変われば生活は一変します。

 

だから試用期間を過ぎて、努力しているにも関わらず、まだ仕事がろくにできない・ついていけないとなれば、その仕事があなたに合っていない可能性もあるので転職を考えるべきですね。

 

ですが看護師、保育士、医師、歯科衛生士、美容師、介護福祉士、介護支援専門員など、専門的な資格や技術がいる職業の場合は仕事が嫌でついていけないと思ってもそう簡単には辞めることはできませんよね。

 

専門職の方の場合は専門学校や大学を卒業してすぐにその仕事に就職されている方も多いでしょうし、そういった場合は仕事についていけない、上司がムカつく、同僚と仲が悪いからといっても辞めたくても辞められないと嘆きながら頑張って続けている人も数多くいます。

 

専門職の人の場合の改善策や対処法としては、まずはもちろん仕事を頑張ってみてから転職の判断をすることに違いはないのですが、職種は変えなくても職場や仕事内容を変えることで問題が解決することもよくあるので、1度リセットしてみるのもいいでしょう。

例えば看護師といっても職場は無数にあるように、大きな病院から小さなクリニックに転職するというだけでも環境ってかなり変わります。

 

 

仕事を続けた場合や転職した場合のメリット・デメリット

仕事ついていけない、合っていないと思いながらも続けることも、もう無理だから転職してしまうのもどちらもメリット・デメリットが必ずあります。

まず、仕事を続けた場合どのようなメリットがあるのかというと、全くできなかった作業や辛くて今すぐにでも辞めたかった仕事、いつも遅いと怒られていたことも段々上手にできるようになる可能性があるということです。

これは仕事を続けた人にしか分かりませんが、続けていれば、やっていて良かったと思えることも出てくるでしょう。

 

しかし、反対に続けることで無理がたたって体を壊したり、失敗したら怒られてしまうという精神的な不安や、仕事が上手くできないことへの焦りやプレッシャー、同期との比較など、ついていけないと感じていても、頑張って続けたことにより自分が潰れてしまうデメリットもあるのです。

 

あなたにとって仕事を続ける、または転職のメリット・デメリットを見てどちらがリスクが高いように感じますか?

わたしは圧倒的に嫌な仕事を続けた方のデメリットが大きいと思います。

だから仕事についていけない、合っていないと感じているなら転職することを頭に入れておくべきでしょう。

 

転職というのは今の職歴が長い場合は「いいポジションや待遇を無くすこと」や「給料が落ちる可能性」もあります、それにすぐに辞めてしまう人の場合は次の職探しで「前職の働いている期間が短いことを面接官に聞かれて答えに詰まる」ということや「次の就職先がなかなか見つからない可能性がある」などのデメリットもあります。

 

転職した場合はこのようなデメリットもありますが、全てがマイナスになる転職ではなく、「辞めてリセットすることで気持ちがスッキリする」ということもありますし、逆に待遇も良くなり、お給料も上がることも非常に多いです。

それに「嫌いな上司の顔を見なくて済む」とか「つまらない仕事を辞めたい」というのは会社を変えることだけでしか変えられないのです。

 

 

どうしても仕事についていけない時は

頑張ってはみたものの、今の仕事が自分に合っていない、ついていけないというならわたしは迷わず転職されることをおすすめします。

仕事というのは人生において長期に渡って関わることですし、単純に働いている時間と考えても1日8時間、つまり1日の3分の1の時間を費やしています。

 

それに仕事に費やす時間というのは働いている時間以外にも仕事の準備、移動、考え事などを含めると半日以上費やしている方だって多いでしょう。

多い人になると寝てる間以外は1日中ずっと仕事のことを考えているという人も少なくありません。

そのくらい生活の中で仕事の割合というのは高いのです。

 

仕事についていけなくて仕事が辛いと思っているなら、その仕事はあなたにとって精神的負担になっているので、遅かれ早かれ辞める日がくるでしょう。

 

今、あなたが会社に留まっている理由は何ですか?

 

「お金のこと」「今の会社が大企業だから」「家族のこと」「世間体」などを気にするとなかなか転職に思い切って踏み込めないという人もいると思いますが、この先その仕事を続けることであなたの持っている能力を発揮し、可能性を引き出し、会社の中で絶対的なポジションを築き、楽しく仕事ができることを想像できますか?

 

想像できないなら早めにその職場は辞めることです。

新しい職場であなたの可能性や持っている能力を引き出せる仕事に就いて、毎日楽しく過ごせる環境に変えることの方がよっぽど大切なんではないでしょうか?

 

 

自分に合う仕事の探し方や転職サイトの活用方法

いざ、転職しようと思っても自分に合う仕事が分からない場合や、仕事の経験が少なかったり、転職に失敗した経験があると自分に合う仕事を探すには、どのように転職活動をしたらいいのか分からないこともあるでしょう。

一般的な求人の探し方としては

 

● ハローワーク

● 求人誌

● 転職サイト

● コネや知人からの紹介

 

この4つの方法だと思いますが、膨大な数の仕事の中から自分に適した仕事を探すということはかなり難しいですし、実際求人数なんて数万件あるので、その中なら決めようとしてもなかなか決まらないことも多いと思います。

 

だから給料、休み、通勤時間などの条件だけで仕事を探してしまう人が多く、仕事選びに失敗して仕事についていけないことが出てきたり、辞めたいなと思うことが増えてしまうのです。

 

最初から「看護師をやりたい!」「介護職に就きたい!」という希望がはっきりしていれば、同じ職種の中から条件に合った求人を探せばいいのですが、目的がない場合や特にやりたい仕事がない場合は条件だけの決め方になりがちです。

 

だったら資格でも取ってから仕事を探した方がいいの?と思う方もいるでしょうが、資格を取るためだけに仕事もしないで勉強に時間を使うことは物凄く勿体ないです。

 

もちろん仕事をしながら資格取得の勉強に時間を使うことはいいのですが、資格というのは持っている人が多くなればなるほど資格を保有する意味が薄れますし、もしかしたら将来的にはあなたが取った方がいいと思うその資格は需要が無くなっている可能性もあるのです。

だからお金も稼がずに資格取得にあてることはとてもリスクが高いので止めておいた方がいいでしょう、それよりも大切なのはあなたの人生における仕事を探すことの方がよっぽど大切です。

 

仕事の探し方としては転職サイトを使うことをおすすめします。

これには理由があって、わたし自身も以前はハローワークで求人を探すことが多かったのですが、ハローワークの求人の質が低いことや職員の対応の悪さ、行くまでの距離や時間、それにお金もかかるので職安で求人を探すことはなくなりました。

 

転職サイトの中でも利用者が多く、新しい仕事探しでおすすめなのがdodaです。

こちらで掲載されてる求人は口コミや評判を聞く限りでは、条件の良い求人も比較的多く、自分に合った仕事探しが可能です。

求人も常に更新されるので、好待遇の求人案件を見逃さないためにも事前に会員登録しておくことは必須でしょう。

⇒⇒doda無料登録はこちら

ハローワークって相談もできるんですけど、実際、相談に乗ってくれる職員さんはアルバイトみたいな人がほとんどですし、社員も転職経験のない普通の公務員の人が対応しているのが現状です。

親切丁寧にやってくれる人も中にはいますが、アドバイスが的確だとは思えませんし、ちゃんと転職するなら転職のプロに相談に乗ってもらいたいというのが本音なのでハローワークは正直おすすめしません。

 

自分に合う仕事を見つけるための基本的なポイントは3つで

 

1. 人と喋るのが得意か? 不得意か?(適職判断)

2. 自分が興味が湧くことは何か?

3. 嫌いで絶対にやりたくない仕事は?(好きなことをしないと続かない)

 

基本的にはこの3つで自分に合った仕事はある程度分かってきます。

 

やっぱり人と話すことが苦手な人が営業職や接客業などに就いていても成果は出にくいですし、仕事自体好きになりにくいので仕事についていけないことも多くなりがちです。

 

だからまずは自分が苦手な分野は避けること、そして過去の仕事、学校での経験や好きだったこと、嫌いだったこと、得意なこと、苦手なことなど自分の過去の経験から判断することが重要です。

特に嫌いなことや、やりたくないことを考えることは、それだけで自分がやりたいことが絞れてくるのでおすすめですね。

 

もし未経験の仕事に就きたいけど、どんな仕事か予想がつきにくいと思う場合は、働いている、もしくは働いていた経験のある友人の意見を参考にするのですが、近くにいない場合は困りますよね?

ですが、転職サイトの場合は転職アドバイザーに実態を聞くことができるので、その業界のことを事前にある程度知ることができるメリットもあります。

それに転職サイトの場合、求人数も豊富なので、求人を見ていく中でこんなことなら自分にもできそうだし、やってみたいと思う求人を探していたらきっと色々出てくると思います。

 

仕事の探し方としては、なるべく家から30分以内につくところ、高い賃金、土日休みなどの狭い条件で探しがちですが、限定し過ぎるとあれもダメ、これもダメとなると働くところが無くなってしまいますので、なるべく広い視野で仕事を探すことが大切です。

 

転職サイトを使うメリットはパソコン、携帯があればどこにいても時間も場所も問わず求人を探すことができますし、求人の質も高く、一般に公開されない非公開求人もあるというのがとても大きなメリットになります。

更に転職のプロのアドバイザーも付いているので安心して相談することもできるというのがいいですね。

 

それにまだ転職することを100%決めた訳ではなくても、どんな求人があるのか目を通しておくことだけにも使うことができます。

仕事についていけないという悩みがあるなら他を知るという意味でも、1度、他の仕事も見てみるということも大切なんではないでしょうか?

>>dodaで自分に合った仕事探し<<